トップページ事業の概要 → 受信障害予測・改善のための技術協力

受信障害予測・改善のための技術協力

大規模な建造物によるテレビの受信障害の解消・改善が効果的・効率的に推進されるよう、技術コンサルティングをしています
大規模・超高層ビル・風力発電機などの障害予測シミュレーション

大規模・超高層の建造物や、近年増加する風力発電機は、テレビの受信障害を広範囲に及ぼすことがあります。このため、建造物の形状ならびに壁面材質の状況を正確にデータ化して地点ごとの受信状況を計算し、それを基に高度な技術力を駆使してテレビの受信障害を予測します。


風力発電設備
デジタル受信状況調査に関する技術協力

地上・BSテレビ放送のデジタル化移行に向けて、エリア受信状況調査・共聴設備状況調査などに取り組んでいます。


エリア受信状況調査
中波ラジオ放送への受信障害予測シミュレーション

ラジオ放送所の近傍で行われるビルや橋脚などの大型構造物の建設工事について、建築中のクレーン車や完成した構造物が放送機の動作や放送電波の指向性に与える影響をシミュレーション解析によって予測します。

その他受信障害改善に関する技術協力

NHKが開発した受信障害改善技術、予測技術、ノウハウを駆使して、広く世の中にこの技術を還元しています。
・地上デジタル放送「簡易型レベルチェッカー」開発への技術協力
・建造物による受信障害計算プログラムの開発