トップページニュース記事一覧 → 災害停電時でも情報を伝えるギャップフィラーシステムを共同開発

ニュース記事詳細

2011年4月26日 災害停電時でも情報を伝えるギャップフィラーシステムを共同開発

このたび、(株)NHKアイテック、(財)NHKエンジニアリグサービス、DXアンテナ(株)の3社は日本放送協会様の指導を得て、災害等での停電時に本体内臓のバッテリーで放送波1波の停電補償ができる、地上デジタルギャップフィラーシステムを開発しました。
また、本システムを利用し機能と運用面における課題等を検証するため、フィールド実証実験を実施します。

      headamp.jpg           transmitter.jpg

           ヘッドアンプ                    送信機

詳細はこちら(報道資料)pdf_small.gif
実証実験についてpdf_small.gif