CG関連技術

CGキャラクターアニメーション制作技術

 CG キャラクターを使ったアニメーションコンテンツは広く普及していますが、専門的な知識や技能を持っていることが前提となる上に制作に時間もかかります。この技術を使えば、パソコン上で簡単な台本を書くだけで、テレビ番組で使われる演出を盛り込んで、CG キャラクターを使ったアニメーションを手軽に制作することができます。

【特  長】
 ・Windows パソコン1 台で、簡単な台本を書くだけで制作することができます。
 ・台本の修正が簡単にできるとともに、修正結果をすぐに映像で確認できます。
 ・CG のキャラクター、CG のスタジオセット、CG の小道具等を自由に組み合わせることができます。
 ・CG キャラクターアニメーションに合わせて、テキストや画像を表示したり、動画ファイルを再生することができます。
 ・音声合成によってCG キャラクターの口を動かしてしゃべらせることができます。

【利用分野】
 ・映像コンテンツ制作における、CG キャラクターアニメーションの制作
 ・CG キャラクターを利用したデジタルサイネージ
54a.PNG
【技術解説】
 CG キャラクターアニメーションは、さまざまな映像コンテンツで利用されています。しかし、それには、専用ソフトウエアを使った高度な操作が求められ、その作業には膨大な時間と労力が必要となります。
 この技術を用いることで、簡単な台本を書くだけで手軽にCG キャラクターアニメーションを制作することができます。

(1)簡単に書けるCG キャラクターアニメーションの台本
 この技術は、TVML(TV program Making Language)というCG キャラクターアニメーションを生成するための言語を利用しています。TVML で記述された台本(TVML スクリプト)を解釈して、CG キャラクターアニメーションを生成するソフトウェア(TVML Player)を使用します。
 TVML は非常にシンプルな言語であるため、少し慣れてしまえばコンピュータプログラミングの特別な知識がなくともCG キャラクターアニメーションの台本を書くことができます。CGキャラクターや背景となるCG スタジオセット、CG 小道具などを台本で自由に指定することができます。そして、キャラクターの動作を順番に台本に書いていくだけで、CG キャラクターアニメーションを制作できます。

(2)テレビ番組で使われる演出と同等の演出が可能
 カメラの位置やカメラワーク、照明の位置などを台本で細かく指定できるため、実際のテレビ番組のような複数台のカメラを使った演出も可能です。また、タイトルや字幕スーパー等のテキストも、位置やサイズを指定して表示することができます。キャラクターの後ろに画像を出したり、動画ファイルを使ってVTR を再生するような演出もできます。さらに、BGM や効果音を好きなタイミングでつけることも可能です。合成音声や事前に収録した肉声のナレーションに合わせてキャラクターを口パクさせることもできるため、キャラクターがセリフをしゃべっているような演出もできます。

【提供可能な技術】
 ・あらかじめ用意した台本を元にCG キャラクターアニメーションを制作する技術

【関連特許】
(上記のリンクは開放特許DBにリンクしており、NHKエンジニアリングシステムのWebサイトから離れます)


≪キーワード≫