NES

NES

ニュース

8K技術を用いた新しい遠隔手術支援システムの研究を開始

国立研究開発法人国立がん研究センターと一般財団法人NHKエンジニアリングシステム、オリンパス株式会社は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構 『8K等高精細映像データ利活用研究事業』の支援により、8Kスーパーハイビジョン技術(以下、8K技術)を用いた新しい腹腔鏡手術システムの開発とそれを応用した遠隔手術支援システムに関する研究を開始します。これにより、日本発の医療機器等の振興を図り、あわせて、遠隔手術支援システムの開発並びにそれらの有用性を検証することで、全国どこでも質の高い内視鏡手術が受けられるプラットフォームを構築し、医療の質の向上やわが国の抱える外科医師の偏在等の課題解決に寄与することを目指します。

詳細は下記PDF資料をご参照ください。
8K腹腔鏡遠隔システム開発