NES

NES

講演会・セミナー

スーパーハイビジョンの技術と標準化

■日時
平成25年2月15日(金) 13:00~18:00
■会場
NHK放送技術研究所 会議室 東京都世田谷区砧1-10-11
■受講料
1名につき 25,000円 (NES友の会会員 18,000円) テキスト代、消費税込
■定員 40名 【このセミナーのねらいと特徴】
今回のセミナーは、好評をいただいた2012年11月のセミナーの内容をベースにして、スーパーハイビジョン(SHV)の技術をさらに詳しく解説するとともに最新の標準化動向を紹介します。
2012年夏のロンドン五輪以降、日本各地でSHVパブリックビューイングが行われ、多くの皆様にそのすばらしさを体感していただいています。2012年11月から総務省では「放送サービスの高度化に関する検討会」で4K・8K(スーパーハイビジョン)の検討を開始しました。また、2012年8月のITU-R国際標準化を受けて国内でも標準化作業が進められており、早い時期での実用化へ期待が高まっています。
SHVの研究開発や標準化に携わっている第一線の講師陣によるSHVのまとまった講義は大変貴重な機会です。また、最新のSHV機器、特に145インチSHVプラズマディスプレイは他では見ることがなかなかできません。今回は、22.2ch高臨場感音響とともに高画質なSHV映像を間近で楽しんでいただきます。
この機会に、ぜひご参加ください。
【プログラム】 2月15日(金)

時間 講演科目 講師
13:00~14:00 映像パラメータの研究と標準化動向 NHK放送技術研究所 テレビ方式研究部 研究主幹 菅原正幸 氏
15:15~16:05 映像符号化技術とHEVC規格 NHK放送技術研究所 テレビ方式研究部 専任研究員 井口和久 氏
16:30~17:20 撮像技術と映像制作機器 NHK放送技術研究所 テレビ方式研究部 主任研究員 山下誉行 氏
17:20~18:00 ディスプレイ技術とパブリックビューイング (財)NHKエンジニアリングサービス 研究主幹 金澤勝 氏

【SHV関連機器の展示デモ】
  145インチSHVプラズマディスプレイ、ジオラマ3D双眼鏡、4K医療応用など

【お申し込み】
下記事項を明記の上、E-mailまたはFAXにてお申し込みください。
送付先:技術セミナー係 E-mail: seminar@nes.or.jp, FAX:(03)5494-2152
■技術セミナー名:
■貴社名、所属・役職:
■氏名(フリガナ):
■住所:(〒)
■電話、E-mailアドレス:
■NHK-ES友の会 会員/非会員
■受講票・請求書等 送付先住所:(〒)
※上記連絡先住所と同じ場合は記入不要です。

【申込期限】
平成25年2月8日(金)
※定員に達したため募集を締め切りました※

【受講票等】
申込書到着後、受講票、受講料請求書をお送りいたします。

【お支払方法】
受講料は、請求書到着後、当財団指定口座にお振り込みください。
※振込手数料は貴社ご負担でお願いいたします。

【ご注意】
開催の中止・延期の場合以外は、お取消し・不参加の場合にも受講料の払い戻しはいたしません。ご都合が悪くなった場合は、代理 の方のご出席をお願いいたします。